都営新宿線でホームドア整備を開始…大島駅に先行整備

鉄道 行政

都営新宿線のホームドア設置イメージ。大島駅に先行設置される。
  • 都営新宿線のホームドア設置イメージ。大島駅に先行設置される。
  • 都営新宿線の設置スケジュール。新宿駅は京王電鉄が設置工事を行う。
東京都交通局は11月10日、都営新宿線の大島駅にホームドアを先行設置すると発表した。2019年秋までに全ての駅への整備を目指す。

まず11月18日の終列車後、大島駅の2番線ホームにホームドアを設置。3番線にも11月25日の終列車後にホームドアを設置し、試験や調整、訓練を行う。その後は2018年4月から2019年秋にかけ、本八幡駅から新宿三丁目駅に向けて順次設置。設置が完了した駅から順次運用を開始する。京王線と接続している新宿駅ホームは京王電鉄がホームドア整備事業に着手しており、2018年度の使用開始を目指している。

交通局が運営する都営地下鉄4線のうち、三田線は1999年から2000年にかけて全駅にホームドアが設置された。大江戸線も2011年から2013年にかけて設置されている。浅草線は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までに一部の駅に整備される予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集