ゼンリンいつもNAVI[ドライブ]、AIによる音声認識機能を搭載

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

対話システムツールキットといつもNAVI、連携の仕組み
  • 対話システムツールキットといつもNAVI、連携の仕組み
ゼンリンデータコムは、本格カーナビアプリ「ゼンリンいつもNAVI[ドライブ]」(Android版)に音声認識機能を搭載し、10月31日よりサービス提供を開始した。

今回のバージョンアップでは、ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(HRI)が開発した人工知能による音声認識機能「対話システムツールキット」を実装し、ナビ機能を大幅に拡張した。

対話システムツールキットは、高性能な言語理解モジュールが用意されているのが特長。今回搭載した音声認識機能では、ゼンリンデータコムが提供する「いつもNAVI CGI」を情報データベースとし、発話部分ではエーアイの高品質音声合成エンジン「microAITalk」を組み込んでいる。

言語理解モジュールは、ユーザーが発話する様々な文章を独自のロジックで理解することにより、各文章や言い回しがどのような意味を持つのかを解釈する。例えば、「下道で東京タワーを経由してお台場に行く」と言うだけで一般道優先で経由地と目的地を設定したり、「ガソリンを入れてから自宅へ帰る」といった曖昧検索で、経由地設定をした自宅ルート設定が可能になる。

新サービスは実証実験として10月31日からサービス提供を開始し、収集したデータを基に今後のサービスに反映していく計画だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集