ホンダ 小川友幸、全日本トライアルで5年連続チャンピオン獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

小川友幸選手(上段左側)とチームメンバー
  • 小川友幸選手(上段左側)とチームメンバー
  • 小川友幸選手とRTL300R
全日本トライアル選手権にて、ホンダの小川友幸選手(HRC CLUB MITANI)が国際A級スーパークラスで5年連続チャンピオンを獲得した。

10月29日にスポーツランドSUGO(宮城県)にて、「全日本トライアル選手権シリーズ第7戦東北大会(最終戦)」が開催され、小川選手は「RTL300R」を駆り3位でゴール。5年連続チャンピオンを獲得するとともに、国際A級スーパークラス7回目のタイトルを決めた。

小川友幸選手は三重県四日市市出身、41歳のベテラントライアルライダー。デビューは1991年、2007年に全日本選手権国際A級スーパークラスで初のチャンピオンを獲得。以来、トップライダーとして活躍を続けてきた。今シーズンは、全7戦中、優勝が4回、2位が2回、3位が1回と、圧倒的な強さと安定感を発揮した。

小川選手は「今シーズンは、41歳で5年連続チャンピオンを目標に、戦ってきた。大勢のファンの前でチャンピオンを決めることができたことに満足している。常に信頼できるアドバイスで支えてくれたチームスタッフをはじめ、マシンセッティングでともに戦ってくれたHRCやスポンサー、そしてトライアルファンに感謝したい」と喜びのコメントを述べている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集