VWグループのV6ディーゼル、リコール計画を承認…米当局

自動車 テクノロジー 安全

VWトゥアレグ
  • VWトゥアレグ
  • VWトゥアレグ
  • VW トゥアレグ
フォルクスワーゲングループは10月23日、3.0リットルV6ディーゼルエンジン搭載車の排ガス案件に関して、米当局からリコール(回収・無償修理)計画が承認された、と発表した。

ディーゼル案件は米国で2015年9月、排気量2.0リットルの直列4気筒ターボディーゼル「TDI」エンジン搭載車で発覚。その後、2015年11月には、排気量3.0リットルのV型6気筒ターボディーゼルTDIエンジンでも、排ガス不正が行われていたと、このエンジンを開発したアウディが認めた。

違法なソフトウエアが搭載されていた3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルTDI車は、米国ではフォルクスワーゲン『トゥアレグ』、ポルシェ『カイエン』、アウディ『Q7などに搭載。3万8000台以上が、リコールの対象になる。

この3.0リットルディーゼル車に関するリコール計画が、米当局から承認。その内容は販売店において、排ガス制御関連のソフトウエアの改修を無償で行うというもの。フォルクスワーゲングループは、「当局と緊密に協力しながら、3.0リットルV6 TDI車のリコールを、できる限り早期に進めていく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集