【プジョー 5008 試乗】ミニバンではなく、プレミアムSUV。納得である…岩貞るみこ

試乗記 輸入車

プジョー 5008
  • プジョー 5008
  • プジョー 5008
  • プジョー 5008
  • プジョー 5008
  • プジョー 5008
  • プジョー 5008
  • プジョー 5008
  • プジョー 5008
プレミアムSUVという位置づけではあるものの、ボディエンドまですっと伸びたストレートラインのデザインは、やはりミニバンを想像してしまう。3列目まで、トータル7つあるシートを見ると、その思いはなおさら強くなる。

でも、運転席と助手席のあいだは行き来ができないように、センターコンソールで分けられている。しかも簡単にはまたげないほどに、幅も高さもあるセンターコンソールである。2列目のシートは、ベンチシートのようにつながった平なものではなく、左・中央・右と分割された独立したもの。それぞれが前後15cmスライドし、背もたれも5段階にリクライニングするなど、個人を尊重するフランス的考え方が取り入れられている。

そうだった。国産ミニバンを想像している場合ではない。これは、フランスで企画されたプレミアムSUVだという事実を突き付けられる。

このところのプジョーは小径ハンドルがお気に入りで、例にもれず『5008』のハンドルも小さい。ただ、「インパネの速度計などが見やすいように小径ハンドルにした」と言うわりには、インパネにかぶって見えにくい『208』シリーズなどに比べ、5008はきちんとインパネとハンドルの位置関係が成立している。速度計のデジタル数字も大きく見やすく、このくらい真正面にしっかり表示してくれるのなら、いま流行のヘッドアップディスプレイはいらないとすら思う。

この小径ハンドル、着座位置からすっと両手を前に出したところにいい角度できちんと収まっており、とても操作性がいい。ハンドルをくるりっと無理なくまわしやすいのだ。さらに、ハンドルをきったときの小回りも得意のようで、駐車場やUターンがしやすいのも嬉しいところである。

最近、顕著なATの多段化に対して、6ATは数字的に物足りなさを感じるけれど、ガソリン+ターボの4気筒エンジンは出だしもよく軽快で快適。高速もコーナーもパドルシフトでギアを選択すると、面白いようにスポーティに走る。ミニバンではなく、プレミアムSUV。納得である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。9月よりコラム『岩貞るみこの人道車医』を連載。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集