【グッドデザイン2017】ヤマハ発動機、フィッシングボート DFR-33 が受賞

船舶 企業動向

ヤマハ発動機 DFR-33
  • ヤマハ発動機 DFR-33
ヤマハ発動機が10月2日に発売したディーゼルインボード仕様のフィッシングボート「DFR-33」が、2017年度グッドデザイン賞を受賞した。

DFR-33は、ヤマハが培ってきたフィッシングボートのフィッシングギアとしての機能性の追及と、美しく存在感にあふれたスタイリングを高い次元で融合した最新モデル。フィッシングを楽しむ時間をより豊かなものにするという醍醐味を多くの人に提供することができる艇のポテンシャルが高く評価された。

艇のコンセプトは「フィッシングギアとしての高いユーティリティに心躍らせ、その存在感とスタイリングに心昂ぶる」。凌波性や安定性に優れた新設計のハル(船体)、広い視界とゆっくりとしたシートレイアウトを持つ居住性の高いキャビン、バウ(船首側エリア)・サイド通路・アフト(船尾側エリア)に釣りに集中できる形状とスペースを確保したデッキ等、充実した機能性と装備を持つ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集