トヨタ ジャパンタクシー 発売、日本の「おもてなしの心」を反映した次世代モデル

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ ジャパンタクシー 匠(深藍)
  • トヨタ ジャパンタクシー 匠(深藍)
  • トヨタ ジャパンタクシー 匠(深藍)
  • トヨタ ジャパンタクシー 匠(ブラック)
  • トヨタ ジャパンタクシー 匠(スーパーホワイトII)
  • トヨタ ジャパンタクシー 匠(深藍)
  • トヨタ ジャパンタクシー 匠(深藍)
  • トヨタ ジャパンタクシー 匠(深藍)
  • トヨタ ジャパンタクシー 匠(深藍)
トヨタ自動車は、日本の「おもてなしの心」を反映した次世代タクシー『ジャパンタクシー』を開発し、10月23日より販売を開始した。

ジャパンタクシーは、日本の“おもてなしの心"を反映し、子どもや高齢者、車いす使用者、外国人観光客など、様々な人に優しく快適なタクシー専用車として開発。乗り込み高さ320mmの低床フラットフロアや幅720mm×高さ1300mmの大開口リヤ電動スライドドア(左側のみ)、車いすでの乗車も可能な構造など、グリップから構造全体に至るまで工夫と改良を重ね、様々な人に優しいユニバーサルデザインとした。

フロントデザインは、横基調の格子をモチーフとし、面を強調したラジエーターグリルで、クラウンのヘリテージを引き継ぎながらもモダンな表情を表現。ロングライフで流行に左右されないスタイリングや、古くより日本を象徴する色として愛用されてきた藍色「深藍」のボディカラーをはじめ、一目でタクシーと認識でき、かつ街並みを美しく統一することを目指した。

ドライバー視点では、ピラーの位置・形状の工夫やフェンダーミラー等により良好な視界を確保。タクシー専用設計のこだわりとしては、ナビゲーション画面・料金メーターを利用客も見やすいセンター位置に設置できるようにするなど、機器類の配置を用途に合わせて見直し、機能性を向上した。

パワートレーンは、新開発LPGハイブリッドシステムを採用。19.4km/リットル(JC08モード)の低燃費とCO2排出量の大幅な低減を達成し、環境性能と動力性能を高次元で両立。「トヨタ セーフティセンスC」や6つのSRSエアバッグの標準装備など、安全装備も充実させた。

価格は標準グレードの「和(なごみ)」が327万7800円、LEDヘッドランプや天井内サーキュレーター、リヤシートヒーターなどを装備する上級グレード「匠(たくみ)」が349万9200円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集