【東京モーターショー2017】デンソー、空間移動型VRで未来のモビリティーを紹介へ

自動車 ニューモデル モーターショー

VR体感イメージ
  • VR体感イメージ
  • 展示予定モックカーイメージ
  • デンソーブースイメージ
デンソーは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に出展する。

デンソーは、よりよい未来のモビリティ社会を形作る3つの注力技術分野「DENSO Automated Driving」「DENSO Efficient Driving」「DENSO Connected Driving」を、「Core Technologies for Future Mobility」と名付け、積極的に技術開発を進めている。今回の東京モーターショーでは、これらの注力技術分野を元にデンソーが目指す方向性について、空間移動型VR(バーチャルリアリティ)やモックカー、最新製品展示を通して、わかりやすく紹介する。

最新鋭の空間共有型 次世代VRシステムを採用した技術体験型展示「Future Tech Lab ~未来のクルマの3つの秘密~」では、VRゴーグルやセンサーを装着し、バーチャル空間内でデンソーの技術を駆使しながらミッションをクリア。楽しみながらデンソーの注力技術を体感できる。

モックカーでは、通常では見ることのできない、クルマの内部に搭載されているデンソー製品を一元的に紹介。また注力分野に関係する製品・技術を紹介するとともに、これら3分野においてデンソーが提供する価値について、映像でも説明する。

そのほか、東京モーターショーの主催者テーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB」では、クルマとクルマ、クルマと人、クルマと社会がつながる「コネクティッド」領域でのデンソーの取り組みを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集