【MotoGP 日本GP】ポールはヤマハのザルコ…ルーキーイヤーで2度目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ザルコ(ヤマハ) (c) Getty Images
  • ザルコ(ヤマハ) (c) Getty Images
  • ザルコ(ヤマハ)
  • ペトルッチ(ドゥカティ)
  • ペトルッチ(ドゥカティ) (c) Getty Images
  • マルケス(ホンダ)
  • マルケス(ホンダ)
  • アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)
  • アレイシ・エスパルガロ(アプリリア。12日) (c) Getty Images
ロードレース世界選手権「MotoGP」の第15戦日本GPが、10月13日から栃木県のツインリンクもてぎで開催中だ。14日の予選ではMonster Yamaha Tech3 Team(ヤマハ)のヨハン・ザルコがポールポジションを獲得した。

ザルコは今シーズンがMotoGPのルーキーイヤーで、このもてぎが2度目のポールポジションだ。予選のコースはウエットから徐々に乾いてゆく難しいコンディションながら、それゆえ各車のタイムもセッションの終了が近くにつれ縮まり、ザルコはセッションの残り2ラップでトップタイムをマークした。

2番手はOCTO Pramac Racing(ドゥカティ)のダニロ・ペトルッチ、3番手はランキング1位のRepsol Honda Team(ホンダ)のマルク・マルケスで、ここまでがフロントロウ。4番手のアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)までが1分53秒台だ。

ランキング1位のマルケスが最前列グリッドを決めた一方で、2位、Ducati Team(ドゥカティ)のアンドレア・ドヴィツィオーゾは3列目9番手に、3位、Movistar Yamaha MotoGP(ヤマハ)のマーベリック・ビニャーレスは5列目14番手に沈んだ。

決勝は24周115.224kmで争われ、スタートは15日14時にスタート予定だ。

決勝グリッド上位
1. ヨハン・ザルコ(ヤマハ) 1分53秒469
2. ダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ) 1分53秒787
3. マルク・マルケス(ホンダ) 1分53秒903
4. アレイシ・エスパルガロ(アプリリア) 1分53秒947
5. ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ) 1分54秒235
6. ダニ・ペドロサ(ホンダ) 1分54秒342
7. ブラッドリー・スミス(KTM) 1分54秒872
8. ポル・エスパルガロ(KTM) 1分54秒906
9. アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ) 1分55秒064
10. アレックス・リンス(スズキ) 1分55秒483
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集