「最後の黄色い電車」廃車で寄せ書き…西武鉄道、横瀬基地の公開イベント 11月11日

鉄道 企業動向

本年度から廃車される9000系。11月11日のイベントで9000系廃車車両の側面に寄せ書きコーナーが設けられる。
  • 本年度から廃車される9000系。11月11日のイベントで9000系廃車車両の側面に寄せ書きコーナーが設けられる。
  • 横瀬のイベントでは西武が保存している昔の機関車なども展示される。
西武鉄道は11月11日、横瀬車両基地(埼玉県横瀬町、西武秩父線横瀬駅から徒歩約5分)を一般に公開するイベント「西武トレインフェスティバル2017 in 横瀬」を開催する。開催時間は10時から14時30分まで。

今回は西武鉄道が静態保存している昔の電車や機関車のほか、今年3月にデビューした40000系電車を展示。9000系電車の廃車車両の側面に寄せ書きコーナーを設ける。

このほか、展示車両の乗員室での写真撮影やミニ電車の乗車体験、グッズや鉄道部品の販売、保守車両の乗車体験などが行われる予定。当日はイベントへの参加に対応した臨時列車も運転される。

9000系は1990年代に80両(10両編成8本)が製造された、西武鉄道の通勤形電車。西武101系電車の部品を再利用し、新2000系電車に準じた構造の黄色い車体を新造した。モーターは直流直巻電動機で制御装置は抵抗制御だったが、2003年度から2007年度にかけてモーターを三相かご形誘導電動機、制御装置をIGBT-VVVFインバーター装置に更新する改造が行われた。

西武鉄道の所沢工場(2000年6月閉鎖)で製造された最後の新造車両で、西武通勤車の代名詞となっている「黄色の電車」としても最後の新造車両となっている。本年度から順次廃車となる模様だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集