ホンダ、米国で複数のベンチャー事業に参入へ…水素インフラ拡大目指す

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダの燃料電池車、クラリティフューエルセル
  • ホンダの燃料電池車、クラリティフューエルセル
ホンダは10月5日、米国での水素ステーションのネットワークを拡大するために、複数のベンチャー事業に参入すると発表した。

この発表は、10月8日が水素原子量の1.008 にちなんで、「全米水素・燃料電池の日」であることに合わせて行われたもの。ホンダは燃料電池車の『クラリティフューエルセル』を450台以上納車しており、さらなる燃料電池車の普及を目指す。

この目標を実現するため、ホンダは複数のベンチャー事業に参入する計画。そのひとつが、ロサンゼルスとサンフランシスコ中心部に、12の水素ステーションを建設する「First Element Fuel」への参加。ホンダはこの事業に、およそ1400万ドルを出資する。

さらにホンダは、水素協議会、燃料電池&水素エネルギー協会、カリフォルニア燃料電池パートナーシップ、H2 USAなどの団体と協力。水素モビリティと水素社会が必要な条件を作り出すためのビジョンを共有していく。

なお、ホンダは2030年までに、世界新車販売の3分の2を、燃料電池車、プラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車、EVなどの電動車にする目標を掲げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集