ボルボ傘下のポールスター、新型車を発表へ…電動2ドアクーペの可能性も

自動車 ニューモデル 新型車

ポールスターの新型車の予告イメージ
  • ポールスターの新型車の予告イメージ
  • ポールスターの新型車の予告イメージ
  • ポールスターの新型車の予告イメージ
  • ポールスターの新型車の予告イメージ
  • ポールスターの新型車の予告イメージ
スウェーデンのボルボカーズ傘下のポールスターは10月5日、公式インスタグラムを通じて、10月17日に新型車を発表することを明らかにした。

ボルボカーズは2015年7月、ポールスターの株式を100%取得し、傘下に収めた。ポールスターは、ボルボカーズのモータースポーツ活動&カスタマイズ分野の公式パートナー。レース参戦だけでなく、ボルボ車をベースにした高性能な市販車の開発も手がけている。最新のポールスターのチューニングメニューは、エンジンパフォーマンス、スロットルレスポンス、シフトチェンジスピード、ギアホールド機能、オフスロットルレスポンスなど。

ボルボカーズは2017年6月、ポールスターを独立ブランドとし、そのノウハウを電動車両の高性能化に反映させると発表。ボルボカーズは、主力車種にプラグインハイブリッド車(PHV)を展開しており、EVの市販構想もある。ポールスターは、これらの電動車両のチューニングを担当していく。

10月17日、ポールスターが発表する新型車は、この電動化戦略に沿って登場する最初のモデルになる。ポールスターは公式インスタグラムを通じて、複数の予告イメージを配信。既存のボルボ車ベースではないポールスターオリジナルの電動2ドアクーペとの情報もある。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集