三菱 エクリプス クロス、まずは欧州へ出荷開始…1.5ターボは163hp

自動車 ニューモデル 新型車

欧州への出荷が開始された三菱エクリプスクロス
  • 欧州への出荷が開始された三菱エクリプスクロス
  • 三菱エクリプスクロス
  • 三菱エクリプスクロス
  • 三菱エクリプスクロス
  • 三菱エクリプスクロス
  • 三菱エクリプスクロス
三菱自動車は10月3日、新型SUVの『エクリプスクロス』の欧州市場向け出荷を開始した、と発表した。

三菱自動車は現在、コンパクトSUVの『RVR』とミッドサイズSUV『アウトランダー』、『アウトランダーPHEV』というクロスオーバーSUVラインアップを持つ。ここに新たに加わる新型コンパクトSUVが、エクリプスクロス。クーペフォルムとSUVの機動力を融合させた三菱自動車らしいクーペSUVで、個性的なデザインを採用。最新のコネクティビティや四輪制御技術も導入している。

10月3日、エクリプス クロスの欧州仕様車が、愛知県岡崎市の三菱自動車の岡崎製作所からラインオフ。第一便が欧州に到着後、順次現地での販売を開始する予定。この欧州に続いて、オーストラリア、北米、日本など世界約80か国へ投入されるグローバルSUVとなる。

なお、欧州仕様車には、ダウンサイジングの1.5リットル直噴ターボエンジンを搭載。そのスペックが、最大出力163hp/5500rpm、最大トルク25.5kgm/1800~4500rpmになることが、今回初めて明らかにされている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集