【東京モーターショー2017】タチエス、自動運転を想定した次世代シートを出品予定

自動車 ニューモデル モーターショー

Concept X-3(上)とDJ-ARMREST
  • Concept X-3(上)とDJ-ARMREST
タチエスは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に出展する。

今回のモーターショーでは、前回の出展テーマ「安心 そして ワクワク」をさらに昇華、発展させた内容で、同社の最新技術や将来に向けた取り組みについて紹介する。

同社ブースでは、自動運転レベル3-4を想定した将来シート「Concept X-3」を参考出品。体に負担の少ない運転姿勢の実現、モードに応じた自動変化への対応、 薄型座面を可能とする構造をカタチにしている。また、縫製加飾の新提案、導電表皮技術を応用した「DJ-ARMREST」(体験デモ)など、繊維メーカー大手セーレンとのコラボレーション活動の成果を展示する。

そのほか、ホールド性やサポート性を向上させる「20Way調整機能」、快適性を向上し疲労を軽減させる「マッサージ機能」、 クルマと人のインターフェイスを拡張する「シート内蔵式のヘッドセット機能」などの開発品や、最新の量産車種のシートも多数展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集