【ヤマハ 電動アシスト車いす 改良新型】世界初、左右の傾斜で曲がらない制御

自動車 ニューモデル モビリティ

車いす用電動アシストユニット「JWX-2」
  • 車いす用電動アシストユニット「JWX-2」
  • 電動アシスト車いす「JWスウィング」
  • 片流れ制御
  • アシスト距離制御
ヤマハ発動機は、車いす用電動アシストユニット『JWX-2』と電動アシスト車いす『JWスウィング』に、世界初の電動アシスト片流れ制御を搭載し、9月29日より発売する。

JWX-2は、電動アシスト自転車『PAS』の「パワー・アシスト・システム」を応用し、車いすのハンドリム操作の負荷に応じて電動の補助力がはたらく車いす用電動アシストユニット。JWスウィングは、JWX-2を装着した電動アシスト車いすだ。

通常車いすは、道が横方向に傾斜している場合、傾斜によるトルクが発生し傾斜方向に曲がっていく。今回搭載した電動アシスト片流れ制御では、両輪に入力された漕ぐ力の強さと、車いすの車輪の回転数などから計算した打消しトルクを発生し、傾斜方向に曲がらないように直進することができる。

また今回新たにアシスト距離制御を改良し、使用者の身体の状態や使用環境に合わせて、ひと漕ぎあたりのアシスト走行距離をより短く、あるいはより長く、細かな調整ができるようにした。従来モデル比で最小0.1倍、最大では2倍を実現している。さらに、ハンドリムを漕ぐ力が弱い人でもアシストが反応するように制御を改良し、より多くの人が利用できるようになった。

価格は据え置きで、JWX-2が35万3160円(税込)より、JWスウィングが36万3000円(非課税)。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集