【フランクフルトモーターショー2017】次世代電動ロンドンタクシーは2018年、アムステルダムに225台が導入決定

自動車 ニューモデル モーターショー

640km以上の航続距離を実現した次世代電動タクシー「TX」
  • 640km以上の航続距離を実現した次世代電動タクシー「TX」
  • 固定式シートは3名分を用意。USBやAC電源ポートが用意される
  • 対面式となる折りたたみ式3座シート
  • TXのコックピット周り。配車や料金管理などは装備された大型タブレットで行える
  • TXのリアビュー。伝統のデザインがそのまま活かされている
  • 展示車両そばに置かれていたスペック表。当初よりも航続距離が伸びたようだ
英国の『LEVC(ロンドンEVカンパニー)』は、9月12日からドイツで開幕したフランクフルト モーターショー2017において、次世代電動タクシー『TX』を欧州全域に投入すると発表。 IAA2017のNEW MOBILITY WORLDでは、そのドイツ国内向け仕様車が出展された。

出展された車両は、永年のロンドン・タクシーで得たノウハウを活かしながら、EVとして中国のジーリー(吉利汽車)と共同開発によって生み出された。パワーユニットは110kW(150ps相当)のモーターを搭載。乗客定員6名を乗せても十分なパワーが発揮できるという。バッテリーはフル充電するとEVとして最大80マイル(130km)以上が走行可能で、ボルボ製レンジエクステンダーを併用することで最大400マイル(640km)以上まで走行範囲は広がる。これはロンドン~パリ(約470km)を余裕で走れる計算だ。

定員6名は、固定式3座シートと、対面となる折りたたみ式3座シートを使って実現。車椅子での高いアクセス製も確保し、Wi-FiサービスやUSB/230V電源も準備するなど、乗客の利便性にも配慮している。車両価格は5万5599ポンド(約850万円)とのことだが、大半はリース契約を見込む。また、この価格には3年または12万kmの車両補償や5年間の距離無制限のバッテリー補償も含まれる。

ロンドンのシンボルともなっていたロンドン・タクシー「FX4シリーズ」は、1958年にオースチンによって開発され、極めて小さい最小回転半径を持つタクシーとして世界的に知られてきた。これまでの生産台数は7万5000台。しかし、そのパワーユニットは主にディーゼルエンジンで、ロンドン市内の排ガス問題が深刻化する中、2018年からはタクシーのゼロエミッション化が義務づけられることが決定。早急な対応が迫られていた。

そんな中、ロンドン・タクシー社は2013年にジーリーの100%子会社となり、TXの発表を機にLEVCとして再スタート。その狙いは世界で唯一のタクシー専用EV会社として世界中の都市における商業車としてTXが採用されることだ。すでにオランダ・アムステルダムでは225台が2018年にも導入されることが決定しており、一般タクシーだけでなく高齢者/身体障害者の送迎サービスにも利用される予定になっているという。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集