スズキ、ストリートスポーツ GSX-Sシリーズ に125ccのエントリーモデル追加

モーターサイクル 新型車
スズキ GSX-S125 ABS トリトンブルーメタリック
  • スズキ GSX-S125 ABS トリトンブルーメタリック
  • スズキ GSX-S125 ABS ソリッドブラック
  • スズキ GSX-S125 ABS トリトンブルーメタリック
  • スズキ GSX-S125 ABS ソリッドブラック
スズキは、ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」に125ccのエントリーモデル『GSX-S125 ABS』を追加し、10月11日より発売する。

GSX-S125 ABSは、124cc水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを軽量・高剛性フレームに搭載。GSX‐Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力11kW、最大トルク11Nmを発揮するとともに、48.2km/リットル(60km/h定地燃費)の低燃費を達成。ショートホイールベースと、133kgの軽量・スリムなボディにより、街乗りにおける扱いやすさや、ワインディングにおける高い操縦性を実現する。

デザインは、GSX-Sシリーズ共通のイメージとなる低く構えたアグレッシブなスタイリングを採用し、前後輪に17インチの大径ホイールと花弁形状のブレーキディスクや、スズキの国内の125cc二輪車に初採用となるABSを標準装備。また、ワンアクション式シャッター付ステアリングロックや、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い装備を採用した。

価格は35万4240円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集