日産、UEFAチャンピオンズリーグとのスポンサー契約を3年延長

自動車 ビジネス 海外マーケット

ウェールズ代表ガレス・ベイルと子供たち
  • ウェールズ代表ガレス・ベイルと子供たち
  • ウェールズ代表ガレス・ベイルと子供たち
日産自動車は9月11日、UEFAチャンピオンズカップを含むUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)とのグローバルパートナーシップ契約を3年間延長すると発表した。

今回の契約延長は、UCL 2017-2018シーズンの開幕に先立った合意で、日産は2020-2021シーズンまで公式パートナーを務めることになる。2014-2015シーズンより開始したUCLとのパートナーシップは、引き続き同社最大のスポーツスポンサー契約となる。

UCLは、1シーズンで40億人以上がTVで視聴し、世界で最も注目を集めるスポーツイベント。 2017シーズン決勝戦の聴衆は、スポーツイベントの中で最多となる1億6000万人を超え、レアル・マドリードC.F.がユベントスF.C.を破り12回目の優勝を果たす姿を世界中が見守った。

日産は、UCLの試合で引き続き幅広い権利を持つだけでなく、新たな契約の一環として、試合前に行われる「センター・サークル・キャリア」体験や、「ゴール・オブ・ザ・ウィーク」を決めるネット投票など、独占的な権利を獲得。引き続き同社のグローバルマーケティング戦略を推し進めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集