【フランクフルトモーターショー2017】VWグループ、全車を電動化…2030年までに

自動車 ニューモデル モーターショー
電動化の新戦略を発表するVWグループのマティアス・ミューラーCEO
  • 電動化の新戦略を発表するVWグループのマティアス・ミューラーCEO
  • 電動化の新戦略を発表するVWグループのマティアス・ミューラーCEO
  • 電動化の新戦略を発表するVWグループのマティアス・ミューラーCEO
フォルクスワーゲングループは9月11日、フランクフルトモーターショー2017のプレビューイベント、「フォルクスワーゲングループナイト」を開催し、新たな電動化戦略を発表した。

この新戦略は、2016年6月に発表した「TOGETHER Strategy 2025」を、さらに強化するもの。TOGETHER Strategy 2025では、2025年までにe-モビリティ分野において、フォルクスワーゲングループが世界ナンバーワンになるという目標を掲げている。

新たな電動化戦略は、「ロードマップE」と命名。2030年までに、フォルクスワーゲングループの全ラインナップに、電動パワートレイン搭載車を設定するのが柱となる。

これに先駆け2025年までに、グループ全体で新たに80車種の電動パワートレイン車を発売する計画。フォルクスワーゲングループのマティアス・ミュラーCEOは、「自動車業界での変革は止まらない。フォルクスワーゲングループはその変革を導くだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集