【日産 リーフ 新型】欧米工場で年内に生産開始…立ち上がりからフル生産

自動車 ニューモデル 新型車

日産リーフ新型
  • 日産リーフ新型
  • 日産リーフ新型、日本発表会
日産自動車は9月7日、新型『リーフ』の海外工場における生産計画を発表した。

新型リーフは先代(初代)モデル同様、世界3拠点で生産を行う予定。日本の神奈川県追浜工場、米国テネシー州のスマーナ工場、英国のサンダーランド工場だ。

このうち、海外工場となる米国テネシー州のスマーナ工場と英国のサンダーランド工場では、2017年内に新型リーフの生産を開始する計画。北米と欧州での新型の発売に備える。

また、新型リーフのバッテリー(二次電池)に関しても、引き続き世界3拠点で生産する予定。日本の神奈川県座間工場、米国テネシー州のスマーナ工場、英国のサンダーランド工場となる。

なお、米国テネシー州のスマーナ工場と英国のサンダーランド工場では、新型リーフの生産開始当初から、フル生産体制を敷く方針。発売直後に大きく伸びると予想される新型の需要に応えていく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集