外国人観光客のレンタカー交通事故対策、国内空港周辺の5カ所で実験へ

自動車 社会 行政
訪日外国人観光客レンタカー事故ピンポイント対策
  • 訪日外国人観光客レンタカー事故ピンポイント対策
  • 訪日外国人のレンタカー利用と事故件数の推移
国土交通省は、訪日外国人観光客のレンタカー利用による事故を防止するため、ETC2.0の急ブレーキなどのビッグデータを活用したピンポイント事故対策を実施する実験地域を選定した。

実験するのは外国人のレンタカー利用の多い空港を中心に5地域を選定、今年秋頃から順次実験を開始する。

訪日外国人観光客の増加に伴ってレンタカーを利用する訪日外国人は、2011年から2015年の5年間で約4倍に増加した。レンタカー利用者全体でみると死傷事故件数は減少しているものの、外国人レンタカー利用の死傷事故件数は増加しており、沖縄県では物損事故を含む外国人レンタカーの事故件数は2014年から2016年の3年間で約3倍に増加している。

訪日外国人観光客のレンタカー利用による事故を防止するため、ETC2.0の急ブレーキデータなどを活用して外国人特有の事故危険箇所を特定、ピンポイント事故対策を推進する。

実験地域は新千歳空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港、那覇空港それぞれを中心とする地域。これらの地域ではカラー舗装やピクトグラムを活用した標識や多言語注意看板、事故の多い場所を注意喚起するパンフレットをレンタカー窓口で配布するなどの対策を実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集