世界戦4連覇経験を持つ女性ライダーが全日本モトクロス選手権に特別参戦へ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

キアラ・フォンタネージ選手
  • キアラ・フォンタネージ選手
  • キアラ・フォンタネージ選手
ヤマハ発動機は10月22日、スポーツランドSUGO(宮城県)で決勝が行われる全日本モトクロス選手権第9戦MFJGPに、最強女性ライダーとされるキアラ・フォンタネージ選手がIA2に出場すると発表した。

イタリア生まれ、現在23歳のフォンタネージ選手は、2009シーズンのウィメンズモトクロス世界選手権(WMX)でデビューした。2011シーズンにランキング2位となった後、2012シーズンから4年連続でチャンピオンに輝いている。

ヤマハを離れた2016シーズンは、怪我の影響もあってランキング4位だったが、2017シーズンからヤマハに復帰し、今シーズンはここまで6戦中4戦を終え、トップに3ポイント差のランキング2位。

ヤマハはこれまでも国内モトクロスの活性化を図るため、欧米で活躍するヤマハライダーをMFJGPに招聘してきた。今回は世界トップの女性ライダーを招聘により、性別を超えた幅広いファン獲得に繋げる。参戦クラスはWMXが250ccの車両を使用していることからIA2とし、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の渡辺祐介選手ら国内若手トップライダーに挑む。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集