【ホンダ N-BOX 新型】室内長20mm拡大…軽最大級を自ら更新

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ N-BOX 新型
  • ホンダ N-BOX 新型
  • ホンダ N-BOX 新型
  • ホンダ N-BOX 新型
  • ホンダ N-BOX 新型
  • 本田技術研究所 白土清成 主任研究員
  • ホンダ N-BOX 新型
  • ホンダ N-BOX 新型
  • ホンダ N-BOX 新型
ホンダが8月31日に発表した新型『N-BOX』は、先代モデルに比べて室内長を20mm拡大し、スーパーハイトワゴン最大級の広さを自ら更新している。

新型N-BOXの開発責任者を務める本田技術研究所の白土清成主任研究員は「前任者(初代開発責任者)の浅木(泰昭)さんに対するライバル心。もともと浅木さんエンジン屋で、私はボディ屋なので、『当然俺にできなかったことを何かやるんだろうな』といわれそうなので、ある意味こだわった」と明かす。

このため「もともとN-BOXはスーパーハイトワゴンの中ではかなり広い室内空間を勝ち技にしているが、それをさらにいろいろ新しい技術を投入することによって、比較してわかるくらいの広さをさらに付け加えた」ことにしたというわけだ。

とはいえ「先代の優れたパッケージというのは、エンジンルームをとにかくとことんまで短く、小さくして室内を広くとったこと。もともとかなり現行モデルはやり切っていた」と白土氏が振り返るように簡単なことではなかったようだ。

そこで「先代は衝突時にエンジンがサブフレームにぶつかって止まって、それ以上ストロークしないということが課題だった。それをよりストロークすることによって、ストロークすれば当然そこでエネルギーを吸収するので、それでノーズ長が短くても衝突エネルギーを吸収できるようになった」と白土氏は解説する。

具体的には「今回、サブフレームを衝突時にスライドする機能や新たに造ったプラットホームで、衝突機能を上げながら室内空間を20mm広げた」という。

新型N-BOXではサブフレーム脱落構造とともにフロントフレームトラス構造を軽自動車で初採用している。これにより先代では衝突エネルギーを主に床下を前後に通るフロアフレームと外側のサイドシルフレームによって分散・吸収していたものを、新型ではフロアクロスメンバーとサイドシルフレームで分散・吸収することで衝突安全性能を確保している。

白土氏は「構想としてはもうプラットホーム開発の段階からやっていた。みんな最初は無理だろうと言っていたが、20mm広くすることができたので、私としては満足」と話す。

新型N-BOXは9月1日から販売が開始される。価格は138万5640~208万80円。ホンダの資料によると新型N-BOXの客室内寸法は長さ2240mm、幅1350mm、高さ1400mmとなっている。


北欧スタイルなど、3つのカスタムを提案…
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 夏タイヤの販売動向から読み解く…軽自動車の大径化 画像 夏タイヤの販売動向から読み解く…軽自動車の大径化
  • 軽自動車販売、N-BOX が17か月連続トップ 7月 画像 軽自動車販売、N-BOX が17か月連続トップ 7月
  • 100世帯当たりの軽自動車普及台数、前年比0.05台増の54.34台 2016年末現在 画像 100世帯当たりの軽自動車普及台数、前年比0.05台増の54.34台 2016年末現在
  • 【ホンダ N-BOX 新型】新素材の積極採用で現行モデル比80kgの軽量化を実現 画像 【ホンダ N-BOX 新型】新素材の積極採用で現行モデル比80kgの軽量化を実現

特集