トヨタ、東南アジアの配車アプリ大手グラブ社と協業開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
グラブ社の配車アプリ
  • グラブ社の配車アプリ
トヨタ自動車は8月30日、トヨタファイナンシャルサービス(TFS)、あいおいニッセイ同和損害保険(AD)とともに、東南アジアの配車アプリサービス大手のグラブ社と、同地域の配車サービス領域で協業を開始したと発表した。

グラブ社は東南アジアの幅広い地域で、個人間のライドシェアおよびタクシー配車サービス、ドライバー向けレンタカーサービスといったオンデマンド輸送サービスを展開。7か国87都市で、アプリのダウンロード数は5500万回超、登録ドライバー数は120万人超と急成長している。同社にはソフトバンクが300億円を出資、ホンダが二輪車シェアリング領域の協業検討をするなど、国内大手企業からも注目を集めている。

今回の協業において、トヨタはレンタカー車両のテレマティクス保険や、グラブドライバー向け金融サービス、データ連動したトヨタディーラーの保守メンテナンスなど、各種コネクティッドサービスの提供を視野に、グラブ社が保有するレンタカー車両100台に、通信型ドライブレコーダー「TransLog」を搭載し、車両データを収集・分析する。トヨタは、「TransLog」を車両に搭載し、収集した車両情報を活用したサービスを法人ユーザーなどに提供する取り組みを進めているが、今回の協業が東南アジアでは初となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • JVCケンウッド、次世代タクシー配車システム開発へ…クラウド活用 画像 JVCケンウッド、次世代タクシー配車システム開発へ…クラウド活用
  • 配車アプリ PickGo for Personal…荷主とドライバーをマッチング 画像 配車アプリ PickGo for Personal…荷主とドライバーをマッチング
  • タクシー事前確定運賃の実証実験…配車アプリの普及が課題 画像 タクシー事前確定運賃の実証実験…配車アプリの普及が課題
  • 米配車サービス リフト、自動運転車の開発部門を設立 画像 米配車サービス リフト、自動運転車の開発部門を設立

特集

おすすめのニュース