クイズに答えながら函館へ…青函縦断クイズ列車の旅 9月

鉄道 エンタメ・イベント
4つの乗り物を乗り継ぎ、大間経由で八戸から函館へ北上。その間に出題されるクイズに答えるツアー。
  • 4つの乗り物を乗り継ぎ、大間経由で八戸から函館へ北上。その間に出題されるクイズに答えるツアー。
JR東日本盛岡支社は、9月に「青函縦断クイズ列車の旅」を実施する。

9月16日発1泊2日の行程で、八戸~函館間を列車やバス、フェリー、路面電車に乗り継ぎながら、青森と函館にまつわるクイズにペアで答えて総合点数を競う、ゲーム感覚のツアー。

八戸駅~大湊駅間はJR東日本の「リゾートあすなろ」、大湊駅~大間港間はバス、大間港~函館港間は津軽海峡フェリー、函館港~函館どつく前停留場間はバス、函館どつく前停留場~五稜郭公園前停留場間は函館市電に乗車し、2日目の五稜郭公園でクイズの表彰式を行なう。その後、新幹線で出発地へ戻る。

クイズは、三沢駅~野辺地駅間、陸奥横浜駅~大湊駅間、安渡館~大間崎間、下風呂温泉、函館どつく前停留場~五稜郭公園前停留場間で、計6問が出題される。

クイズの優勝ペアには、青森駅の1日駅長となり、9月30日に運行される旧型客車の臨時列車出発式に参加できる権利などが与えられる。

20組40人を募集し、旅行代金は本八戸駅発着の場合、大人3万2300円・子供2万800円。仙台・盛岡・秋田・青森発着などもある。申込みは、JR東日本主要駅のびゅう予約センターまで。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 北海道廃線跡ツアー…旧士幌線・広尾線を巡る 9・10月に 画像 北海道廃線跡ツアー…旧士幌線・広尾線を巡る 9・10月に
  • 白糠線の廃線跡や炭鉱鉄道を訪ねる…道東の鉄道「過去と今を巡る」ツアー 画像 白糠線の廃線跡や炭鉱鉄道を訪ねる…道東の鉄道「過去と今を巡る」ツアー
  • 現役最古の路面電車が勢揃い…阪堺電車がモ161形と金太郎塗り車両の撮影ツアー 9月16・17日 画像 現役最古の路面電車が勢揃い…阪堺電車がモ161形と金太郎塗り車両の撮影ツアー 9月16・17日
  • 走る美術館「現美新幹線」大宮発ツアーで新潟県外を初走行 10月8日 画像 走る美術館「現美新幹線」大宮発ツアーで新潟県外を初走行 10月8日

特集