函館市電の超低床車両が増備、4年ぶり 2月6日にお披露目運行

鉄道 行政
9604号のお披露目運行で先着100人に配布される乗車証明書。
  • 9604号のお披露目運行で先着100人に配布される乗車証明書。
函館市企業局交通部は2月6日、函館市電で運行している9600形電車『らっくる号』の4両目として増備された9604号の運行を開始する。

9600形は、路面電車用の車両製造で名高い、アルナ車両が製造した2車体連接構造の超低床車両で、2007年に最初の9601号が登場。2010年には9602号、2014年には9603号が運行を開始している。

今回の9604号は、函館市企業局が2010年度から2019年度にかけて実施している「函館市LRT整備計画」に基づき製造。9600形としてはおよそ4年ぶりの増備車となった。

9604号の運行初日は、駒場車庫前発でお披露目運行が行なわれる。時刻は、駒場車庫前9時39分発~湯の川9時43分着・9時46分発~どつく前10時30分着・10時34分発~駒場車庫前11時15分着で、先着100人に乗車証明書が配布される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集