VW、スタートアップ支援プログラム開始…自動運転の三輪EVなどを開発

自動車 ビジネス 企業動向
VWのスタートアップ支援プログラムに参加する6チーム
  • VWのスタートアップ支援プログラムに参加する6チーム
フォルクスワーゲングループは8月1日、ドイツ・ドレスデンにおいて、スタートアップ支援プログラムを開始した、と発表した。

フォルクスワーゲンはモビリティサービスの分野において、斬新なアイデアを持ち、起業精神に富んだスタートアップを6チーム選定。これら6チームを、全面的に支援する。まずは第一段階として、200日間の支援プログラムを開始した。

6つのチームのテーマは、6チームそれぞれが異なる。たとえば、あるチームは、安全なデータクラウド技術に基づいて、車両データを処理するテレマティクスソリューションを開発。ドライバーがスマートフォンを使用すると、すぐに作動する先進運転支援システム「IDA」は、運転中のスマートフォンの使用を避け、交通安全に貢献する。

また別のチームは、ユーザーデータを評価し、地理的データに関連する顧客の行動を定義。ディープラーニングや予測分析などの手法を導入して、さまざまなビジネスアイデアに最適な場所を提案する。たとえば、充電ステーションやカーシェアリングに最適な場所を特定する。

さらに、別のチームは、配達用の三輪EVを開発。交換可能なコンテナを搭載しており、将来は自動運転化も視野に入れて、開発を進めていく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集