中山間地域での自動運転サービス、公募から実験地域8か所を決定

自動車 テクノロジー ITS
中山間地域における道の駅などを拠点とした自動運転サービスの2017年度に実施する公募型の実験地域
  • 中山間地域における道の駅などを拠点とした自動運転サービスの2017年度に実施する公募型の実験地域
国土交通省は、中山間地域における道の駅などを拠点とした自動運転サービスの2017年度に実施する実証実験のうち、主にビジネスモデルを検討するための「公募型」実験地域を選定した。

国土交通省では、高齢化が進行する中山間地域の人流・物流を確保するため、「道の駅」などを拠点とした自動運転サービスを2020年までに社会実装するため、今年夏頃から順次、全国で実証実験を行う予定。

このうち、主にビジネスモデルの検討を行うための実験地域について4月25日から5月25日まで公募したところ、全国26地域から応募があった。

今回、実証実験地域として8か所、ビジネスモデルの具体化に向けてフィージビリティスタディを地域として5か所を選定した。

実証実験を行うのは北海道広尾郡大樹町(道の駅コスモール大樹)、山形県東置賜郡高畠町(道の駅たかはた)、茨城県常陸太田市(道の駅ひたちおおた)、富山県南砺市(道の駅たいら)、長野県伊那市(道の駅南アルプスむら長谷)、岡山県新見市(道の駅鯉が窪)、徳島県三好市(道の駅にしいや・かずら橋夢舞台)、福岡県みやま市(みやま市役所山川支所)。

ビジネスモデルの具体化に向けて検討するのは新潟県長岡市(やまこし復興交流館おらたる)、岐阜県郡上市(道の駅明宝)、愛知県豊田市(道の駅どんぐりの里いなぶ)、滋賀県大津市(道の駅妹子の郷)、山口県宇部市(楠こもれびの郷)。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 中山間地域で自動運転を活用、貨客混載や観光など---国交省がビジネスモデル検討 画像 中山間地域で自動運転を活用、貨客混載や観光など---国交省がビジネスモデル検討
  • 地方公共交通のあり方、今後10年を見据えて---貨客混載や自動運転の活用 画像 地方公共交通のあり方、今後10年を見据えて---貨客混載や自動運転の活用
  • 首都高はお盆前の平日が渋滞のピーク 画像 首都高はお盆前の平日が渋滞のピーク
  • 支払いの不安を解消、タクシー事前確定運賃の実証実験始める...国交省 画像 支払いの不安を解消、タクシー事前確定運賃の実証実験始める...国交省

特集

おすすめのニュース