信号のある交差点で出会い頭衝突、軽乗用車の4人が死傷

16日午後11時15分ごろ、山口県下関市内の県道で、交差点を進行していたタクシーと軽乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。軽乗用車は交差点に隣接する建物にも突っ込み、乗っていた4人が死傷している。

自動車 社会 社会
16日午後11時15分ごろ、山口県下関市内の県道で、交差点を進行していたタクシーと軽乗用車が出会い頭に衝突する事故が起きた。軽乗用車は交差点に隣接する建物にも突っ込み、乗っていた4人が死傷している。

山口県警・下関署によると、現場は下関市貴船町付近で片側1車線の直線区間。交差点には信号機が設置されている。タクシーと軽乗用車は減速しないまま交差点へ進入。直後に出会い頭で衝突した。

軽乗用車は弾みで交差点に隣接する建物にも衝突して中破。後部座席に同乗していた4歳の女児は頭部を強打し、意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、約3時間後に死亡。運転していた22歳の女性を含む3人が打撲などの軽傷を負った。タクシーも中破し、運転していた63歳の男性も打撲などの軽傷を負っている。

警察ではいずれかが赤信号を看過した可能性が高いとみて、事故当時の信号表示状況を含め、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集