【夏休み】恐い電車で感じる“涼”…神戸電鉄で「納涼恐怖体験列車」

鉄道 企業動向

地元美容室の協力で行なわれる神戸電鉄の「納涼恐怖体験列車」。写真は神戸電鉄の通常列車。
  • 地元美容室の協力で行なわれる神戸電鉄の「納涼恐怖体験列車」。写真は神戸電鉄の通常列車。
兵庫県南東部の私鉄・神戸電鉄(神鉄)は8月26日、鈴蘭台車庫(神戸市北区)で「納涼恐怖体験列車」を運行する。

いつもと違う電車で涼を感じ、夏を楽しもうというこのイベント。「数年前の夏、列車とその乗客100人が行方不明になり、列車だけが鈴蘭台車庫に戻った。その列車にはお札が貼られ、厳重に保管されていたはずだったが再び動き出す」というストーリーが展開される。

当日は、粟生(あお)線の西鈴蘭台駅(神戸市北区)に集合。19時04分に発車する回(受付18時30分~)と20時38分に発車する回(受付20時~)の2回行なわれ、約15分間、鈴蘭台車庫で「恐怖体験」をした後、鈴蘭台駅に戻る。

参加費用は700円(3歳以下は無料)で、7月18日から各回先着100人まで募集する。小学生以下の参加は保護者の同伴が必要。

申込みは神鉄コミュニケーションズまで電話か、神戸電鉄のウェブサイトまで。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集