ホンダアクセス、新安全基準「i-size」適合のチャイルドシートを発売

自動車 テクノロジー 安全
ホンダベビー&キッズアイサイズ
  • ホンダベビー&キッズアイサイズ
ホンダアクセスは、新安全基準「UN-R129(i-size)」に対応した新型チャイルドシート「ホンダベビー&キッズアイサイズ」を6月30日より発売した。

i-sizeは、従来の前突・後突試験に加え、側面衝突試験を導入したより高い安全性を確認する新安全基準。ISOFIXの使用促進が盛り込まれているほか、試験に使われるダミーが変更され、より小さい子どもへの安全性が評価されるようになっている。

ホンダベビー&キッズアイサイズは最新の安全基準をクリアしたことに加えて、シート上部の側面形状や新開発のヘッドクッションを採用することで、従来の前突・後突に加えて側面からの衝突からにも配慮した仕様となっている。ヘッドクッション・背・座面の蒸れやすい部分には通気性に優れたメッシュ素材を使用し、より快適な環境を実現した。

シート表皮カラーとデザインは「洗練」と「上質」をテーマに開発。ホンダ車ならではの車室空間とのコーディネートも楽しめるスポーティなイメージのカラーリングとなっている。

なお新製品はi-Size適合シートを装備した車両にのみ装着可能。2017年6月にi-Size適合となった新型フィットから適用し、順次適用を拡大していく予定だ。

価格は11万8800円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集