【リコール】マツダ アテンザ など4万9000台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
  • 改善箇所
マツダは6月22日、『アテンザ』などの駐車ブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、マツダ『アテンザ』と『アクセラ』の2車種で、2012年10月2日~2016年6月13日に製造された4万9166台。

後輪ブレーキキャリパにおいて、ブーツのシール構造が不適切なため、キャリパ内部に水が浸入、シャフトが錆びて腐食することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、シャフトの摺動性が悪化し、駐車ブレーキの制動力が低下。最悪の場合、車両が動き出すおそれがある。

改善措置として、全車両、ブレーキキャリパのシャフトを点検し、錆が発生しているものはブレーキキャリパを対策品と交換する。錆が発生していないものは、対策品のブーツキットと交換する。なお、交換部品の準備に時間を要することから、使用者に不具合内容を通知し、注意喚起の上、MT車から順次点検を実施する。

不具合は89件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ モンキー、最終モデルの商談受付を7月21日より開始…限定500台 画像 ホンダ モンキー、最終モデルの商談受付を7月21日より開始…限定500台
  • BMW 5シリーズツーリング 新型発売、部分自動運転実現…650万~1069万円 画像 BMW 5シリーズツーリング 新型発売、部分自動運転実現…650万~1069万円
  • ポルシェ 911ターボ、次期型は610馬力へ…ターボS 超え史上最速に 画像 ポルシェ 911ターボ、次期型は610馬力へ…ターボS 超え史上最速に
  • FIA、史上初のドリフト世界一決定戦開催を発表 9月30日・10月1日 お台場 画像 FIA、史上初のドリフト世界一決定戦開催を発表 9月30日・10月1日 お台場

特集