極東開発、インドネシアの立体駐車装置初号機が完成

自動車 ビジネス 海外マーケット
インドネシア立体駐車装置初号機
  • インドネシア立体駐車装置初号機
  • 竣工式の様子左から極東開発パーキング 越智聡一郎社長、イスナワ・アジ ジャカルタ市衛生部長、インドモービル社ジュサック・カルトウィジョーヨ社長、極東開発工業 則光健男 海外事業部長
極東開発工業は6月21日、インドネシア・ジャカルタで建設を進めていた立体駐車装置の初号機が完成したと発表した。

インドネシアでは、モータリゼーションの拡大や人口の増加により都市部において駐車場不足の問題が発生しており、立体駐車装置の潜在的な需要が見込まれている。極東開発では、インドネシア工場の合弁パートナーであるインドモービル社グループ会社のジャカルタ市内にある乗用車販売会社敷地内に、2014年より立体駐車装置のデモ機を設置。現地の市場調査を進めていたところ、初号機を受注し、現地への部材の輸出および建設を経て、今回完成した。

ジャカルタ市内に建設した初号機は、3段式で合計46台駐車可能な立体駐車装置。同社グループではデモ機および初号機を通じて立体駐車装置の利便性を訴求し、拡販および受注を図っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 障害者用駐車場を適正利用してもらうパーキングパーミット制度導入は36府県…制度に関するアンケート結果 画像 障害者用駐車場を適正利用してもらうパーキングパーミット制度導入は36府県…制度に関するアンケート結果
  • ICT活用・自治体連携による次世代型駐車場…三井のリパークなど3社協業で広島県内に初開設 画像 ICT活用・自治体連携による次世代型駐車場…三井のリパークなど3社協業で広島県内に初開設
  • パーク24、サービス利用料金の経費精算自動化へ 2017年秋 画像 パーク24、サービス利用料金の経費精算自動化へ 2017年秋
  • 【ものづくりワールド2017】2420社が出展。次世代のものづくり技術が集結して開幕 画像 【ものづくりワールド2017】2420社が出展。次世代のものづくり技術が集結して開幕

特集