GARMIN、イエローハット限定の小型ドラレコを発売…運転支援機能搭載

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

GARMIN GDR E530Z
  • GARMIN GDR E530Z
  • GARMIN GDR E530Z
  • GARMIN GDR E530Z
  • GARMIN GDR E530Z
ガーミンジャパンは、小型ドライブレコーダー『GDR E530Z』をイエローハット限定モデルとして、6月23日より発売する。

GDR E530Zは、高画質録画機能を搭載した、業界最小クラスのコンパクトドライブレコーダー。縦5.6×横4.0×幅2.1cmの小型ボディに、前方衝突警告や車線逸脱警告、発進確認警告、スピードカメラアラートなどの運転支援機能を搭載し、ドライバーの安全運転をアシストする。

CMOSセンサーはソニー製「Exmor」を搭載し、フルHD 1080pでの高画質録画を実現。本体裏面には2.0インチ液晶を搭載し、その場で記録映像を確認できる。またドライブシーンを撮影した長時間の動画をショートビデオに凝縮できる「トラベラプス」モードも搭載する。

そのほか、スピード、位置、日時を記録する高精度GPS、万が一の時に自動的に録画を保存するショック検知Gセンサー、スマートフォン経由で映像の共有が簡単にできるWi-Fi機能なども搭載。別売りのパーキングモードケーブルを接続することで、エンジンが止まっていても車両の周りの動きを検知し、自動的に録画する。

価格は1万8800円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集