ホンダ シビック タイプR 新型、量産第1号車が20万ドルで落札…新車価格の6倍

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

シビック・タイプR新型の量産第1号車
  • シビック・タイプR新型の量産第1号車
  • シビック・タイプR新型の量産第1号車
  • シビック・タイプR新型の量産第1号車
  • シビック・タイプR新型の量産第1号車
  • シビック・タイプR新型の量産第1号車
  • シビック・タイプR新型の量産第1号車
ホンダが6月16日、米国で発売した新型『シビック・タイプR』。同車の量産第一号車が、チャリティオークションに出品され、20万ドル(約2220万円)の高値で落札された。

これは、米国の自動車オークションサイト、「BringATrailer.com」にホンダの米国法人、アメリカンホンダが出品していたもの。新型シビック タイプRの量産第1号車が6月15日、20万ドルの高値で落札されている。

新型シビック・タイプRの米国ベース価格は、3万3900ドル(約375万円)。量産第1号車には、新車価格のおよそ6倍ものプレミアがついた計算。なお、オークションの収益はすべて、脳腫瘍を患う子どもと家族を支援するPediatric Brain Tumor財団に寄付される予定。

新型シビック・タイプRには、2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」エンジンを搭載。最大出力は320ps、最大トルクは40.8kgmを引き出す。トランスミッションは6速MTで、レブマッチコントロールを採用。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでは、市販FF車としては最速の7分43秒80のラップタイムを刻んでいる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集