秩父鉄道、関越道花園IC近くに新駅「ふかや花園」 2018年10月20日開業

鉄道 企業動向
ふかや花園駅の駅舎イメージ。2018年10月20日の開業を目指す。
  • ふかや花園駅の駅舎イメージ。2018年10月20日の開業を目指す。
秩父鉄道は6月14日、永田~小前田間に設ける新駅(埼玉県深谷市)の駅名を「ふかや花園」に決めたと発表した。2018年10月20日の開業を目指す。

ふかや花園駅の予定地は、永田駅から1.1km、小前田駅から2.3kmの地点。南へ約600mのところには、関越自動車道の花園インターチェンジがある。敷地面積は389.35平方m。プラットホームの長さは110mとし、SL列車『パレオエクスプレス』の停車に対応する。駅舎はコンコースの出入口に大きなキャノピーを設けた切妻屋根が特徴という。工事は6月中に着手する予定だ。

ふかや花園駅予定地の北側では、深谷市がアウトレットモールを核とした「花園IC拠点整備プロジェクト」を計画している。秩父鉄道は新駅の整備で「花園IC拠点地区への来訪者の交通手段の一つとして活用されることが期待されます」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 秩父鉄道、ダイヤ改正で新駅開業に対応 3月25日 画像 秩父鉄道、ダイヤ改正で新駅開業に対応 3月25日
  • 列車内でホタル観賞…秩父鉄道が東武動物公園とコラボで「ホタル列車」 画像 列車内でホタル観賞…秩父鉄道が東武動物公園とコラボで「ホタル列車」
  • JR東日本、両毛線に新駅整備へ…足利市「フラワーパーク」に隣接 画像 JR東日本、両毛線に新駅整備へ…足利市「フラワーパーク」に隣接
  • 東武SL『大樹』8月10日から1日3往復…ワールドスクウェア新駅は7月22日開業 画像 東武SL『大樹』8月10日から1日3往復…ワールドスクウェア新駅は7月22日開業

特集