グーグルのウェイモ、自社設計の自動運転プロトタイプ車の開発を終了

自動車 テクノロジー ITS

グーグルの自社設計の自動運転プロトタイプ車「Firefly」
  • グーグルの自社設計の自動運転プロトタイプ車「Firefly」
グーグル(Google)の自動運転車部門、ウェイモは6月13日、自社設計の自動運転プロトタイプ車、『Firefly』の開発を終了すると発表した。

グーグルは2014年、初の自社設計の自動運転プロトタイプ車を発表。従来、トヨタ『プリウス』やレクサス『RX』ベースの自動運転車で走行テストを行ってきたグーグルが、初めてオリジナルの自動運転車を手がけたとして、注目を集めた。

コンパクトなシティコミューター風のデザインが特徴。2シーターの室内は、従来の自動車の概念を覆すもの。例えば、乗員の前にステアリングホイールはなく、アクセルとブレーキペダルも未装備。発進と停止のボタンがあるだけで、ソフトウエアとセンサーによって、車両は完全に自動制御される。ただし、最高速度は40km/hに制限された。

ウェイモは今回、自社設計の自動運転プロトタイプ車、Fireflyの開発を終了すると発表。今後は、FCA(フィアットクライスラーオートモービルズ)USのミニバン、クライスラー『パシフィカ』ベースの自動運転車で、開発テストを行う。

ウェイモは、「パシフィカのような大量生産車をベースにすることで、よりスピーディかつ多くの人々に、完全自転車運転技術を体験してもらえる。パシフィカには、最新のLiDARやビジョンシステム、新開発のAI(人工知能)コンピュータープラットフォームを搭載。40km/hの速度制限もない」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集