【レッドブル・エアレース千葉】零戦が日本人パイロットによって日本の空を飛ぶ 予定

航空 エンタメ・イベント

写真提供:零戦里帰りプロジェクト
  • 写真提供:零戦里帰りプロジェクト
  • 写真提供:零戦里帰りプロジェクト
6月3~4日に千葉市の幕張海浜公園と近隣上空で行なわれる「レッドブル・エアレース千葉2017」において、ゼロエンタープライズ・ジャパンが所有する「零戦」が飛行する。

里帰り飛行で操縦桿を握るのはアメリカ在住、キャリア40年以上の飛行教官の柳田一昭氏(66歳)。日本人パイロットの操縦によって「零戦」が日本の空へ里帰りするのは初の出来事だ。東京湾の空を飛ぶのも約70年ぶりになるだろう。

今回飛行する「零式艦上戦闘機(零戦)」は三菱重工業が1942年に製造した零式艦上戦闘機二二型だ。全長9.06メートル、全幅12メートル、重量1863kg、最高速度540.8km/hというスペック。南太平洋のパプアニューギニアに落ちていた残骸から復元されたもので、世界に現存する4機(レプリカを除く)のうち、現在も空を飛ぶことのできる貴重な1機だ。

今回の飛行は「零戦里帰りプロジェクト」の一環でもある。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集