【リコール】ダイハツ キャスト など4万台、ダストブーツ破損のおそれ

自動車 テクノロジー 安全

ダイハツ キャスト アクティバ
  • ダイハツ キャスト アクティバ
  • 改善箇所
ダイハツは5月25日、軽自動車『キャスト』などのドライブシャフトに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはダイハツ『キャスト』とトヨタ『ピクシスジョイ』の2車種で、2015年8月31日~2016年12月19日に製造された4万1300台。

左側前輪ドライブシャフトにおいて、ダストブーツの設定が不適切なため、走行中の揺動によって蛇腹同士が擦れて、ダストブーツが早期に摩耗することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、摩耗が進行しダストブーツが破損してグリスが漏れ、最悪の場合、走行できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、左側前輪のドライブシャフトを対策品と交換する。

不具合は78件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集