大手民鉄の輸送人員、過去最高…1.3%増の102億1800万人 2016年度

鉄道 企業動向

東京メトロ
  • 東京メトロ
  • 東京急行田園都市線に導入される2020系のイメージ
日本民営鉄道協会が発表した大手民鉄16社の2016年度(2016年4月~2017年3月)の鉄軌道事業の輸送人員は、前年度比1.3%増の102億1800万人で過去最高になった。

内訳は定期外が同0.9%増の42億0400万人、定期が同1.5%増の60億1400万人となった。

地域別では関東の9社合計が同1.4%増の77億5000万人、関西の5社合計が同0.7%増の19億8700万人と、関東が伸びた。

16社のうち、伸び率が高かったのは東京メトロで同2.2%増、京成が同2.1%増だった。16社のうち、西鉄だけが横ばいで、他は前年を上回った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集