BMW M5 次期型の開発プロトタイプを公開…車載コネクトも進化

自動車 ニューモデル 新型車

BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
  • BMW M5次期型の開発プロトタイプ
ドイツの高級車メーカー、BMWは5月17日、次期『M5』の開発プロトタイプ車を公開するとともに、パワートレインなどの内容を発表した。

次期M5は、6世代目モデル。新型『5シリーズセダン』をベースに開発され、新型『メルセデスAMG E63S 4MATIC+』などのハイパフォーマンスサルーンと競合する。

次期型のパワートレインは、最新世代の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボとなる。現行型よりも高回転志向となっており、パワーとトルクも引き上げられる。トランスミッションは8速の「Mステップトロニック」。

駆動方式は、現行の2WD(FR)から、4WDの「M xDrive」に変更。通常状態では、FRを基本にしながら、路面状況や走行状態に応じて、4WDに変化する。このM xDriveはDSCをオフにした場合、走行モードは4WD、4WDスポーツ、2WDの3種類が選択可能。後輪には、アクティブMディファレンシャルが組み込まれる。

新型M5には、最新の車載コネクティビティを導入。中でも、最新世代のヘッドアップディスプレイは、およそ70%投影領域が拡大。いくつかの重要な情報を、フロントウィンドウに表示できる。オプションの「Mビュー」では、ナビゲーションの表示も可能にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集