小田急に覆われた台湾のホームドア…高雄の地下鉄でラッピング広告

鉄道 エンタメ・イベント

高雄国際空港駅のホームドア広告。天井まで伸びるタイプのホームドアの全面を使ったラッピング広告だ。
  • 高雄国際空港駅のホームドア広告。天井まで伸びるタイプのホームドアの全面を使ったラッピング広告だ。
  • 高雄国際空港駅のホームドア広告。天井まで伸びるタイプのホームドアの全面を使ったラッピング広告だ。
  • 高雄国際空港駅のホームドア広告。天井まで伸びるタイプのホームドアの全面を使ったラッピング広告だ。
  • 車内広告も3両1編成でラッピング広告を展開する。
  • 高雄メトロの駅。ホームドアは天井まで伸びるタイプのものだ。
関東大手の小田急電鉄と同社グループの江ノ島電鉄(江ノ電)は5月15日、台湾・高雄捷運(高雄メトロ)の駅や列車内で「小田急グループの沿線の魅力を紹介するプロモーション」を実施すると発表した。台湾からの観光客の誘致を目指す。

発表によると、高雄メトロの高雄国際空港駅ホームドアと3両1編成の車内でラッピング広告を展開。箱根や江の島など小田急・江ノ電の沿線エリアと特急ロマンスカーを紹介する。江ノ島電鉄と高雄メトロによる連携事業のPRも行うという。実施期間は5月15日から6月30日までの予定だ。

高雄メトロは台湾南部の都市・高雄の地下鉄。江ノ電は2016年6月、高雄メトロとの間で観光連携協定を締結している。小田急と江ノ電は「連携事業のプロモーションに加え、小田急沿線観光地の魅力を多くのお客さまに発信することで、台湾・高雄市からの一層の訪日旅行者の誘致を図る」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集