【F1 スペインGP】ハミルトンがベッテルとの激闘を制し今季2勝目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2017F1第5戦スペインGP
  • 2017F1第5戦スペインGP
  • 2017F1第5戦スペインGP
  • 2017F1第5戦スペインGP
  • 2017F1第5戦スペインGP
  • 2017F1第5戦スペインGP
  • 2017F1第5戦スペインGP
  • 2017F1第5戦スペインGP
  • 2017F1第5戦スペインGP
2017年のF1第5戦スペインGPの決勝レースが14日、カタロニアサーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季2勝目を獲得。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)との激戦を制した。

予選から0.051秒差でグリッド最前列を分け合ったハミルトンとベッテル。決勝でも一進一退の攻防戦を繰り広げる。スタートでは好ダッシュを決めたベッテルがトップで1コーナーを通過していく。

その後方では、キミ・ライコネン(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が接触し、早々に戦線離脱。またバルテリ・ボッタス(メルセデス)も順調に周回を重ねていたが、途中にエンジントラブルでリタイアを喫し、上位陣が続々と脱落するレースとなった。

その中でも最後までファンを魅了したのがハミルトンとベッテルの2人。序盤はベッテルが2秒のリードを築きレースを進めていくが、ハミルトンも諦めずに猛追。ピットストップのタイミングをズラしベッテルを少しずつ追いついめていった。そして37周を終えたところで2回目のピットストップを行なったベッテルを捉え、1コーナーではサイド・バイ・サイドで飛び込んでいった。

ここではベッテルが先行したが、44周目のメインストレートではハミルトンが再び並びかけアウト側からオーバーテイク。トップの座を取り返すと、最後は3.4秒差をつけ今季2勝目を飾った。2位にはベッテル、3位にはダニエル・リチャルド(レッドブル)が続いた。


マクラーレン・ホンダ勢はフェルナンド・アロンソが7番手からスタートしたが、スタート直後の混乱でコースオフし後退。その後も、諦めずにライバルたちとバトルを披露。12位でチェッカーを受けた。

ストフェル・バンドーンもトラブルなく順調に周回を続けたが、33周目に接触しコースオフ。リタイアとなった。

2017年F1第5戦スペインGP:決勝結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
4.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
5.エステバン・オコン(フォース・インディア)
6.ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
7.カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
8.パスカル・ウェーレイン(ザウバー)
9.ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)
10.ロマン・グロージャン(ハース)


12.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
リタイア.ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集