ボッシュの自動運転調査、中国人の74%が早期導入を期待

自動車 ビジネス 海外マーケット

ボッシュの自動運転テスト車両
  • ボッシュの自動運転テスト車両
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは5月9日、自動運転に関して、6か国で実施した聞き取り調査の結果を公表した。

この調査は、中国、米国、ドイツなど、世界の自動車の主要市場6か国で行った。自動運転に対する消費者の考えを尋ねている。

自国での自動運転の早期導入を期待するとか、という問いに対して、最も前向きだったのは、中国。調査に参加した中国人の74%が、自動運転の早期導入を望むと回答した。ちなみに、この比率はドイツでは33%、米国では31%にとどまった。

ボッシュはその中国において、ジープ『チェロキー』をベースとするテスト車両を製作し、国内の高速道路で部分的な自動運転の路上テストを行う計画。テスト車両には、中距離レーダーセンサー5台、周辺検知用の多目的カメラ1台のほか、ESP、ブレーキコントロールシステム、電動パワーステアリングなど、多くのボッシュ製品が搭載される。

ボッシュのRolf Bulander,取締役は、「自動運転は世界中のボッシュで議論されている話題。中国はボッシュにとって、ドイツ、米国、日本に次いで4番目に自動運転の試験を行う拠点となる」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集