デルファイ、自動運転を事業の柱に…パワートレイン部門は分社化

自動車 テクノロジー ITS

デルファイの自動運転車(アウディQ5)
  • デルファイの自動運転車(アウディQ5)
  • デルファイの自動運転車(アウディQ5)
  • デルファイの自動運転車(アウディQ5)
米国に本拠を置く自動車部品大手、デルファイは5月3日、パワートレインシステム部門を分社化し、分社後の本体は自動運転を事業の柱に位置付けると発表した。

分社化は、2018年3月までに行われる予定。パワートレイン部門は単体事業として、先進技術、パワーエレクトロニクスソリューション、アフターマーケット事業のポートフォリオをさらに強化しつつ、グローバルな成長戦略を追求する。

一方、パワートレインシステム部門の分社後、本体は自動運転に注力。コネクティビティや電動化、インフォテインメントシステムなども重視していく。

デルファイのケビン・クラーク社長兼CEOは、「前例のない業界の変化の時に、デルファイの営業事業と戦略的パートナーシップの強みは、各企業がさらに集中し、最先端の技術を継続的に開発できることにある」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集