BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーなど、駐車支援システムの機能強化

自動車 ニューモデル 新型車

BMW2シリーズ・アクティブツアラー
  • BMW2シリーズ・アクティブツアラー
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW 2シリーズ アクティブツアラーおよびグランツアラーの一部モデルの機能を追加し、4月28日より販売を開始した。

今回、駐車支援システム「パーク・ディスタンス・コントロール」に機能を追加する。同システムは、リヤバンパーに装備されたセンサーが、車両の後方にある障害物を検知して、信号音とビジュアル表示で知らせ、狭いスペースでの駐車や車庫入れをサポート。これまでリヤのみだった障害物検知にフロントも加える。

併せて、BMW 225i xDrive アクティブ ツアラーMスポーツおよび220iグラン ツアラー スポーツ、Mスポーツには、フロントシートヒーティング(運転席&助手席)を追加する。

なお機能追加に伴い、車両価格は4万円から8万円近くの値上げを実施する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集