アバルト、国内累計1万台を突破…フィアット500ファミリーは4万台

自動車 ビジネス 国内マーケット

アバルト 124スパイダー
  • アバルト 124スパイダー
  • フィアット500Xセーフティパッケージ
FCAジャパンは、2017年4月末までにアバルトの国内累計登録台数が1万台を突破、フィアット『500』ファミリー(500、500C、500X)は4万台を超えたと発表した。

アバルトは2009年2月に国内販売を開始して以来、累計登録台数は5年7か月で5000台、その後2年7か月で1万台突破と成長が加速している。

同社が販売ペース上昇の要因として挙げるのは、ラインアップの充実と正規ディーラーの拡充。日本導入時に4拠点だったアバルト正規ディーラー店舗数はその後ブランドの発展とともに増加し、2016年7月には全国のフィアットディ―ラーでアバルトの発売を開始、全国79店舗まで拡大した。

またラインアップでは、2016年10月に新型オープン2シータースポーツ、アバルト『124スパイダー』を導入。さらに2012年から顧客向けのセーフティ&スポーツドライビングスクール「アバルト ドライビング アカデミー」を開催するなど、ブランドの訴求にも注力してきた。

一方、フィアット500ファミリーは、発売後5年7か月で2万台を突破し、その後3年6か月という短い期間で、さらに2万台の上乗せを実現した。フィアット500は2008年3月の国内導入以来、愛らしいスタイリングと環境性能の高さで多くの支持を集めている。2015年10月にはフィアット初のスモールSUV『500X』を追加。さらに2016年1月には500に日本導入以来初のマイナーチェンジを実施、デザインや機能をアップグレードした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集