ニスモ 片桐社長「20年代前半に年10万台へ」…ロードカー事業を大幅強化

自動車 ビジネス 企業動向

GT-R NISMO
  • GT-R NISMO
  • ニスモの片桐隆夫社長
  • ニスモ本社のショールーム(横浜市)
日産自動車子会社のニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO、ニスモ)は4月25日、横浜市の本社で事業説明会を開き、スポーツカスタム車「NISMOロードカー」のモデル拡充などを図り、世界での販売を現状の7倍弱に増やす計画を発表した。

ニスモと日産傘下の特装メーカーであるオーテックジャパンの社長を兼ねる片桐隆夫氏が記者会見して明らかにした。現在は年1万5000台の世界販売を2020年代前半に10万台規模に拡大させる方針だ。市販車のスポーツ性能を高めたNISMOロードカーは、2013年に『ジュークNISMO』から商品化し、現在は『NISSAN GT-R』、『フェアレディZ』、『ノート』など7モデルに設定を拡充、日本をはじめ北米、欧州、中東に投入している。

販売拡大に向けては、モデル数と海外販売地域の両面で強化を図っていく。片桐社長はモデルの拡充については「セダンやハッチバックといった定番に加え、SUVやクロスオーバー、ミニバンなどにも需要があるので広げていきたい」と述べた。また、海外での新規投入は「東南アジアや中南米に可能性がある。中国も参入すれば販売増に貢献するだろう」と指摘した。

事業拡大に当たっては、日産グループ内での体制強化を図るため、オーテック内に約50人から成る「ニスモ・カーズ事業部」を新設した。日産本体やニスモ、オーテックから開発者らを集結させている。

さらに、国内で専用展示場などをもつ「NISMOパフォーマンス・ディーラー」を現在の26店から22年までには40店に拡充し、海外展開も図る。また、NISMOロードカーのユーザーに走りの場所の提供や、スポーツ走行レッスンを行う機関として「NISMOドライビング・アカデミー」も新設した。17年はまず日本で8回の開催を予定しており、専門の販売網拡充などとともに多面的に顧客との接点を拡大していく。

片桐社長は、ニスモ・カーズ事業部など一連の強化策について「人材と知識を1か所に集約してノウハウを高め、精度のよい仕事を迅速に行っていきたい。(モデル拡充で)日産車の魅力をより高めていきたい」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集