日産、NISMOロードカー事業を拡大…車種ラインアップ拡充へ

自動車 ビジネス 企業動向
NISMOロードカー
  • NISMOロードカー
  • オーテックジャパン
  • オーテックジャパン
日産自動車は4月25日、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」事業の拡大を決定、車種ラインアップ拡充に向け、オーテックジャパン内に「ニスモ・カーズ事業部」設立したと発表した。

日産は2013年1月の『ジュークNISMO』を皮切りに、「NISMO」ブランドの日産ラインアップへの適用を開始した。NISMOロードカーは、モータースポーツ活動から得たノウハウを運動性能やスタイリングにフィードバックし、信頼性や耐久性を日産純正品質で保証したファクトリーカスタムカー。現在、日本ではジュークのほか、『NISSAN GT-R』『フェアレディZ』『ジューク』『ノート』『マーチ』の5車種、グローバルでは『セントラ』『パトロール』を加えた7車種を展開している。

日産は今回の事業拡大により、NISMOロードカーをさらに幅広く、各市場のコアとなる新たなセグメントにもバリエーションを広げていく。投入市場も従来の日本、北米、欧州、中近東から、よりグローバルに展開するとともに、各地域におけるラインアップも拡充。これにより、年間販売台数は、現在の1万5000台から将来的に大幅に拡大していく計画だ。

新設のニスモ・カーズ事業部には、日産、オーテックジャパン、ニスモ、その他日産グループの人財を結集。従来以上に魅力的な商品をスピーディに開発することを目指す。また同事業部にはマーケティング機能も備え、日産、ニスモとも連携しながら、販売店やショールームにおけるNISMOロードカーへの接触機会拡大や、購入後のユーザーを対象としたイベントなどについてもグローバルに拡大していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集