GMベネズエラ工場、当局が接収し生産停止…GMは法的措置へ

自動車 ビジネス 企業動向

米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
  • 米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
政情が不安定な中南米の国、ベネズエラ。同国に進出している米国の自動車最大手、GMの工場が4月20日、ベネズエラ政府によって接収された。

GMの発表によると、4月20日、ベネズエラ当局が突然、GMのベネズエラ工場を占拠。これにより、工場は生産を停止。当局は組み立てられた車両などを、違法に持ち出したという。

GMは1948年、ベネズエラに現地法人を設立。35年以上に渡って、ベネズエラの自動車市場を主導してきた。GMによると、今回の接収によって、ベネズエラにおける生産が終了するおそれがあるという。

GMは、「今回の当局による接収は違法。GMはベネズエラの国内外であらゆる法的措置を取り、権利を守っていく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集